お問い合せ お客様の声

 

初級編

暗号通貨技能検定 初級編の概要

暗号通貨技能検定とは

暗号通貨技能検定とは、次世代決済および送金システムとして世界的大企業も導入を進めている暗号通貨(仮想通貨または価値記録)を対象に、暗号通貨の理解力の向上および使用促進・決済導入の普及を目的とした、一般社団法人日本クリプトコイン協会が主催する教育カリキュラムおよび技能検定試験です。

暗号通貨の初心者に最適な「初級編」と、 より専門的で高度な内容の「上級編」がございます。

初級講座には上級講座以上に大切なことも含まれておりますので、
必ず初級講座から受講していただくよう、お伝えしております。

検定講座の目的

ここ数年、暗号通貨を取り巻く世界に急成長と革新が起きています。しかし多くの人は、暗号通貨が何であるのかをほとんど理解しておらず、なぜたくさんの起業家や投資家がそれに興奮しているのかよく分かっていません。

そこで、暗号通貨について体系的に理解して頂くためにこの「暗号通貨技能検定」が誕生しました。

暗号通貨をもっと身近なものにすることで、みなさんが新たな世界へとつながっていく喜びを体験して頂きたいと願っています。

なぜなら私たちは、暗号通貨が世界に大きな変化もたらす潜在力を持っていると信じているからです。

この技能検定では、暗号通貨の基礎知識をお教えし、より知識と実践的な使用方法を習得して頂く事を目的としています。

もしあなたが、

「ビットコインは聞いたことがあるけれど、何だかよく分からない」
「新しい技術が今日の金融産業をどのように変化させるのかに興味がある」

などと思われるのであれば、この技能検定カリキュラムを受講し試験にチャレンジすることで、あなたにとっての暗号通貨の存在と時代を切り開く可能性は、飛躍的に高まることでしょう。

参加条件・対象者

この技能検定は暗号通貨の初心者に適しています。

事前の暗号通貨に関する知識は必要ありませんので、暗号通貨に関する興味と前向きな姿勢があり16歳以上であれば、国籍問わず、
どなたでも受講できます。

この講座で得られるもの

  • 通貨として、またテクノロジーとしての暗号通貨への理解が深まる。
  • 暗号通貨のウォレット作成とはじめての暗号通貨の送金受取りの体験が可能。
  • 他の通貨の手段と比較した暗号通貨への理解力が向上する。
  • プルーフ・オブ・ワーク、マイニング、ブロックチェーンなど暗号通貨を支える中心的なシステムについての概要的な知識を得て、実際にビットコインなどの暗号通貨を自らのデバイス(パソコンやスマートフォンなど)内に保持し送金や受け取りが出来るようになる。
  • 暗号通貨について知らない人に正確に分かりやすく説明できる程ではないが、ユーザーとしては十分な知識とスキルを得ることができる。
  • プライベートでの使用やビジネスツールとしても暗号通貨がいかに便利であるかを理解し、暗号通貨のウォレット、アプリを使用する際の注意点など安全に使用・保管するための方法について理解することができる。
  • 交換所で自ら暗号通貨と預金の交換ができ、実社会での使用を積極的に行うことができるようになる。

初級講座講義内容

テーマ1:お金について

  • お金とは
  • お金の定義
  • お金の種類
  • 現代の決済手段とは
  • 時代の変化と流れ

テーマ2:暗号通貨の未来と可能性

  • 金融機関の影響について
  • 広告業界への影響について
  • 企業決済や税金の徴収について
  • 選挙について
  • クレジットカード業界について
  • 日本での可能性について

テーマ3:暗号通貨とは何かについて

  • 暗号通貨とは
  • What is Bitcoin?
  • 公開取引記録(ブロックチェーン)とは何か
  • 公開取引記録(台帳)上で、どの様に取引が行われるのか
  • プロトコルとして、通貨としての暗号通貨
  • なぜ金融取引において信用がとても重要なのか
  • 暗号通貨はこの「信用問題」をどう解決するのか
  • 暗号通貨の必須データ

テーマ4:決済システムの進化について

  • お金とは
  • 暗号通貨と他のお金との違い
  • 従来の決済システムの限界とは
  • 暗号通貨の利点とは
  • 暗号通貨はどのように国際市場を変えるのか

テーマ5:プロトコル

  • 現実の送金はどうなっているのか
  • 公開取引記録(ブロックチェーン)
  • P2Pネットワーク
  • デジタル署名
  • プルーフ・オブ・ワーク
  • プルーフ・オブ・ステーク
  • 暗号通貨送金ルール(プロトコル)のまとめ

テーマ6:ウォレット作成&ビットコイン送金演習

  • ウォレット作成
  • ビットコイン受取および再送金

お申込み・料金・よくあるご質問(初級)

講座試験の流れ

1. 申込む

申込みフォームにて必要事項を入力し、
参加希望日程を選び、申込みください。

2. 受講料を支払う

申込日からカウントして3営業日以内に、受験料をお支払いください。
銀行振込かクレジット決済がご利用いただけます。
振込先などの詳細は、申込み後にメールでご案内します。

3. 予習する

入金確認後に送付するテキストを、事前に熟読していただきます。

4. 講義を受ける(2.5時間)

検定試験当日、テキストに沿った講義を受けていただきます。
暗号通貨ウォレットを作成し、ビットコインの送受金も体験していただきます。

5. 試験を受ける(30分)

同日、講義の内容をもとにして作成された検定試験を受けていただきます。

6. 合格者には「合格証」が発行されます

合格者(70点以上)は「暗号通貨技能検定 初級合格証」を取得することができます。

合格者(80点以上)は認定暗号通貨アドバイザーの資格と上級受講資格が与えられます。

初級合格が80点未満のかたが上級を受講するためには、後日、検定会場にて再受講再試験を行い80点以上を取得するか、通信テストにて90点以上を取得する必要があります。

重要事項説明

  • 初級受験料は30000円(税別)です。
  • 初級受験料には、非売品テキスト・送料・検定試験料を含みます。
  • 初級検定を受講された方は本協会会員(JCCA会員)として、毎週貴重な情報満載の限定メルマガ等のサービス(一部不定期)をご利用いただけます。
    ※JCCA年会費は初年度無料です。2年目以降からは更新料10000円(税別)がかかります。
  • 会場の詳細につきましては、申込み後にメールにてお知らせします。
  • ご入金は申込み日からカウントし「3営業日以内」にお願いいたします。
    (例)月曜申込み→水曜まで、土曜申込み→水曜まで
    なお、入金期限を過ぎますと「自動的にキャンセル」となりますのでご注意ください。
  • 入金の確認ができ次第、順次テキストを発送いたします。
    万が一、検定当日までにテキストを受け取れない場合は当日お配りいたします。
  • テキストの発送を行った時点で、キャンセル返金などは行えませんので、ご了承の上お手続きください。
  • 講座3日前以降に申込みされたかたは、振込の確認がとれる資料を講座当日にご持参ください。
  • 「事前予習」については、日程が合わないが「事前にテキストで予習しておきたい」というかたが対象です。
  • 年会費の一部を『暗号通貨基金』として、震災等への義援金に活用いたします。


    お申し込みはこちら

よくあるご質問

Q. 暗号通貨の詳しい知識がなくても受講できますか?
A. はい、受講できます。事前知識ゼロでも、そもそもお金とはなんなのか?というところから暗号通貨の仕組みまでわかりやすく学んでいただけます。

Q. 「検定」とありますが講義もあるのですか?
A. はい、約2時間の講義ののち、試験を受けていただきます。 事前知識ゼロでも講義をしっかり受けることで、試験にも自信を持って臨めるでしょう。

Q. 試験だけを受けることはできますか?
A. いいえ、できません。試験の内容は講義と連動していますので、必ず講義と試験をセットで受けていただきます。

Q. 暗号通貨の知識はそこそこあるのですが、何かメリットはあるのでしょうか?
A. みなさまが独学で学ばれたことが本当に正しいかどうかの確認や、確信を持っていただけるという側面もあります。 
また、「仮想通貨の説明やプレゼンを行う際に、協会発行の合格証を見せて説明し始めると、お伝えする相手の意識と態度が変わる」というご感想もいただいています。

Q. これを受講すれば稼げるようになりますか?
A. 当検定は、みなさまに「暗号通貨の本質」を理解していただくために開催しております。 
そのため、特定銘柄の斡旋・販売等を行うことはございません。 
暗号通貨に限らず、どの分野においても、結果を出すためには本質の理解が必要だということは、言うまでもありません。

Q. 試験に落ちたら再試験は受けられますか?
A. はい、再試験制度がございます。 詳しくは結果発表後にご案内いたします。

Q. 学生でも受講できますか?
A. はい、16歳以上であればどなたでも参加できます。

上級編

暗号通貨技能検定 上級編の概要

hd-zyokyu

参加条件・対象者

暗号通貨技能検定 上級編は、
暗号通貨技能検定 初級編に80点以上で合格したかたのみ受験可能です。

暗号通貨、ブロックチェーン技術、暗号解読法に関して深い技術的な知識を求めているかたが対象です。

この講座で得られるもの

  • 秘密鍵と公開鍵の関係、P2Pネットワーク、電子署名など専門的な内容についても興味を持ち、どんな人にも簡潔に説明が出来るようになる。
  • 様々な形態(パソコン・携帯端末・ペーパーウォレット・その他)で譲渡・保管・管理するなどの知識・スキルを持ち、暗号通貨コミュニティにも積極的に参加できるようになる。
  • 他者に対しても複数の主要な暗号通貨についてその優位性や特徴を説明しビジネスに導入するための橋渡し役となれる素地を備えることが出来るようになる。
  • 暗号通貨トレードの基本的要素を学び、トレードを行う為の基礎知識を得られる。

上級講座講義内容

テーマ1:暗号通貨の現状と実技指導

  • 日本国内の暗号通貨の現状
  • 世界の暗号通貨の現状
  • 暗号通貨の種類と特徴(Bitcoin1.0・Bitcoin2.0)
  • Blockchainの詳細

テーマ2:FATF(金融活動作業部会)

  • 重要な定義
  • 合法的使用
  • 潜在的リスク
  • 暗号通貨に関連する法執行措置

テーマ3:改正資金決済法

  • 資金決済法の改正
  • 内閣府令・事務ガイドライン
  • 登録制の導入
  • 仮想通貨サービスの必須登録内容
  • 仮想通貨の業務サービス
  • 外国の業者による登録
  • 登録業者の財務規制
  • 登録業者の行為規制
  • 登録業者に対する監督規制
  • マネーロンダリング規制

テーマ4:暗号通貨トレードの基礎

  • 日本と世界のトレードの違い
  • ファンダメンタルズについて
  • テクニカル分析の種類
  • 海外取引所口座の説明と使用方法

お申込み・料金等(上級)

講座試験の流れ

1.申込む

申込みフォームにて必要事項を入力し、
参加希望日程を選び、申込みください。

2.受講料を支払う

申込日からカウントして3営業日以内に、受験料をお支払いください。
銀行振込かクレジット決済がご利用いただけます。
振込先などの詳細は、申込み後にメールでご案内します。

3.講義を受ける(6時間)

講師による講義を受けていただきます。
初級編よりも専門的な内容となります。

4.合格者は「上級暗号通貨技能検定 修了証」が授与されます

合格者は「上級暗号通貨技能検定 修了証」を授与いたします。

さらに、以下のようにステップアップすることができます。

公認暗号通貨技能アドバイザー
上級講座終了日を含め10日以内に、小論文『仮想通貨が創造する未来(A4縦書き1,000~1,200文字)』を提出し、
厳格な審査の元、暗号通貨に対する理解力と想像力を素地していると判断された方は
公認アドバイザー』として、協会が運営する様々なサービズに従事することが出来ます。

公認暗号通貨技能インストラクター
公認アドバイザーが『公認インストラクター』として認められるには、 代表理事および協会関係者を受講生と見立て模擬講座を開催し、その後、3名以上の初級講座を主催し、審査を行います。
審査に合格後、正式に『公認インストラクター』として、
暗号通貨基礎講座および初級暗号通貨技能検定講座を開催することが出来ます。

公認暗号通貨技能コンサルタント
上級講座を受講した者が試験及び面接を受け、協会が定める一定レベルの水準に達した方を
公認コンサルタント』とし、
企業より暗号通貨に関する研修依頼があった場合等に、派遣を行います。

重要事項説明

  • 上級受験料は70000円(税別)です。
  • 会場の詳細につきましては、申込み後にメールにてお知らせします。
  • ご入金は申込み日からカウントし「3営業日以内」にお願いいたします。
    (例)月曜申込み→水曜まで、土曜申込み→水曜まで
    なお、入金期限を過ぎますと「自動的にキャンセル」となりますのでご注意ください。
  • 上級講座に関するテキストや資料につきましては、当日お渡しする形となります。
  • キャンセル返金などは行えませんので、ご了承の上お手続きください。
  • 登壇予定の講師については、諸事情により変更される場合がありますので、ご了承ください。

\上級検定のお申込みはこちらから/

現在申込可能な日程はありません。更新次第お知らせいたしますので今しばらくお待ち下さい。

ページトップへ